僕が死んだ日感想イメージイラスト

みんなの話を聞いて。話を聞いて。

僕が死んだ日より

ひとつひとつの話は短くて、さくっと読める。 舞台はシカゴだし、古いものだと19世紀の話もあるけど、子どもの目線から見る家庭や友達や学校を描いているから、不思議とあまり遠…
我々は、みな孤独である感想イメージイラスト

We are all alone

我々は、みな孤独であるより

はっきり言うと、バイオレンスが苦手な人にはまったくおすすめできない。 私は学生の頃から、ご飯を食べながらクライムドラマの死体解剖シーンを見て鍛えてたから平気だったけど。…
世界の終わり、あるいは始まり感想イメージイラスト

私はやはり自分がかわいい。

世界の終わり、あるいは始まりより

歌野晶午作品、2連発。続けて読んだら、書かずにいられなかった。 『葉桜の季節に君を想うということ』と共通しているのは、長い階段の途中に現れた踊り場みたいなラスト。 この…
葉桜の季節に君を想うということ感想イメージイラスト

桜の花は本当に散ったのか?

葉桜の季節に君を想うということより

小説でも映画でも、前評判が高すぎる作品に対して、どうしても腰が重たくなる。 通常なら楽しめたであろう作品も、高まりすぎた期待値を超えられずに、結局「こんなもんか」という…
くろいの感想イメージイラスト

へいの うえに くろいのが いた。

くろいのより

主人公の女の子は幼稚園から小学校低学年くらいの年で、帰り道はいつもひとりだということしか分からない。 くろいのに話かけたり、あとをついていったりしても、女の子を気にかけ…